外国人観光客増で住民困惑 レトロな街並み大阪・中崎町

2018/8/21 21:43
保存
共有
印刷
その他

古い民家やおしゃれなカフェが立ち並ぶ人気スポット、大阪市北区の「中崎町」の住民が、急増する外国人観光客に困惑している。海外でも「レトロな街並み」として知名度が上がっているが、自宅や子供を許可無く撮影されるケースが多発。こうした地元住民との摩擦は「観光公害」と呼ばれ、大阪府警も注意を呼びかけ始めた。

中崎町の街並みを撮影する外国人観光客(21日、大阪市北区)

中崎町は大阪・梅田の繁華街から徒歩15分ほど。十数年前から若者らが空き家を改修してカフェや雑貨店を開いて注目され始め、近年は海外にも知られるようになった。

外国人向け旅行サイトでは「ノスタルジック」「レトロな街並みと隠れ家のようなお店」などと英語で紹介されている。韓国から訪れた女性(23)は「韓国でも『カフェストリート』として有名。細い道とおしゃれな店舗が魅力的」という。

多くの外国人観光客が訪れる中、住民が困惑するのが写真撮影だ。築60年以上の民家で長く暮らす男性(64)は「自宅にスマートフォンのカメラを向けられることが増えた」と話す。写真撮影を禁じるステッカーを入り口に張っているが、SNS(交流サイト)の流行もあり、写真撮影に夢中の外国人の姿も。「落ち着いて暮らせない」とため息をつく。

近隣の大阪市立扇町小では2017年ごろから「登下校中に知らない人に写真を撮られた」との相談が相次ぐ。昭和の街並みと児童のランドセルという構図が外国人に人気とみられ、長男を通わせる母親(34)は「子供の顔や名札がインターネット上に出回らないだろうか」と不安げに話す。

中崎町を管轄する府警曽根崎署は18年5月、ホテルなどに「学童の写真を撮らないで」と書いたポスターを張り出した。日本語に加え英語と中国語も併記。同署の担当者は「写真を撮ること自体は悪いことではないが、住民にも配慮してほしい」と説明する。

外国人の流入により各店舗はにぎわいをみせており、「多い日は客の半数が外国人で、繁盛するのはありがたい」(カフェ経営者)と歓迎する声も少なくない。町内会長の南順之介さん(73)は「街が潤うのは外国人観光客のおかげ」と受け入れつつ、「困っている住民がいるのも事実で、対応が難しい」と悩む。

大阪観光局によると、17年ごろからこうした状況を把握しているが、現時点では具体的な対策は講じていない。担当者は「まずは住民への聞き取り調査など実態把握を進め、有効な対策を検討したい」としている。

■悪影響、他の観光地でも 専門家「マナー向上に向け対応を」

観光客が増えることで生じる住民への悪影響は観光公害と呼ばれる。交通渋滞や環境汚染が代表例で、高崎経済大の井門隆夫准教授(観光政策)によると、民家などの写真を許可なく撮影することも含まれる。中崎町と同様の状況はほかの観光地でもみられる。

合掌造りの白川郷がある岐阜県白川村でも近年、外国人観光客が急増。無断で民家に立ち入ることもあり、村は2015年度から木の柵の購入費を半額補助している。

京都市は15年度、生活習慣が違う外国人観光客が守るべきマナーをまとめたリーフレットを作成。英語版と中国語版があり、「京都でやってはいけないこと」として路上喫煙やゴミのポイ捨て、古い家屋や物品をむやみに触ることなどをイラスト入りで挙げている。

井門准教授によると、日本の民家や街並みは近年、観光地としての価値が高まっている。日本に再訪する観光客の関心が主要な観光スポットのほか生活空間にも向くことや、SNSの普及が要因だという。井門准教授は「観光客の誘致が重視されているが、日本では観光公害の対策が進んでいるとは言えない。行政は外国人のマナーが向上するよう対応を急ぐ必要がある」と指摘する。

▼大阪・中崎町
大阪メトロ谷町線中崎町駅の北西側に位置する400メートル四方ほどの一角。現在は「中崎町」という町名はなく、大阪市北区の中崎西と中崎にまたがる。太平洋戦争末期にあった大阪大空襲を免れ、木戸や格子窓を備えた古民家や長屋が多く残る。大阪・梅田の繁華街と対照的な昭和の雰囲気が漂う街並みが人気を集めている。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]