JA静岡経済連、パルシステム静岡と連携 食材宅配で

2018/8/21 22:30
保存
共有
印刷
その他

静岡県経済農業協同組合連合会(静岡市、JA静岡経済連)と生活協同組合パルシステム静岡(富士市)は21日、食材宅配事業で提携すると発表した。パルシステムはJAと協力し静岡県産の農畜産物の取り扱いを増やす。JA側は組合員に生協への加入を促し、代金決済でも協力する。JAと生協の本格的な連携は全国初という。

調印式後に握手する関係者ら(21日、静岡市)

JA静岡経済連は県西部を中心に提供してきた食材宅配サービスを7月末で終了。10月をめどにパルシステムが施設などを借り受けて西部で展開を始める。これまで県東部から中部までを対応エリアとしてきたが、今回の提携で県内全域に拡大する。将来は会員数を現在の2万人から倍増させる計画だ。

買い物支援など組合員へのサービスを充実したいJA側が提携を呼びかけた。全国組織で商品を企画しているパルシステムでは、県内の会員から「地元のものが少ない」との声も寄せられており、思惑が一致した。今回の提携を通じて、県産の農畜産物の地産地消を促進する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]