/

この記事は会員限定です

飛鳥フーズ、ベトナムに刺し身や塩辛の生産拠点

[有料会員限定]

海産物加工食品を製造販売する飛鳥フーズ(新潟県三条市)はベトナムに進出する。2020年までに工場を稼働させ、刺し身などの生食用商品をアジアのスーパーなどに販売する。生産コストを抑えられるほか、他地域に比べて漁業資源が豊富で材料を確保しやすいと判断した。日本食の人気を追い風に海外販路を開拓し、経営基盤を強化する。

同社が海外に進出するのは初めて。約3億円を投じてベトナムのハノイに延べ床面積約2600...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン