/

ワイヤードビーンズ、電通子会社と業務提携

電子商取引(EC)サイトの開発を手掛けるワイヤードビーンズ(仙台市)は電通のインターネット広告子会社の電通デジタル(東京・港)と業務提携した。ECサイトの構築段階から電通デジタルのノウハウを活用。顧客企業のECサイトへの来訪者が増えるよう工夫し、実際の購買につながるようにする狙いだ。

ワイヤードビーンズの担当者は「顧客企業はECサイトの開発からマーケティングまで、ワンストップでサービスを受けることができるようになる」と話している。

同社は業務提携に合わせ、電通イノベーションパートナーズ(東京・港)が運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合」(電通デジタル・ファンド)などを引受先とする総額9300万円の株式譲渡と第三者割当増資を実施する。

ワイヤードビーンズはクラウド大手の米セールスフォース・ドットコムの公式パートナーで、ECサイト開発や雑貨の製造販売を手掛ける。従業員数は約40人。2017年9月期の売上高は約1億9400万円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン