/

近大やマイクロソフトなど、AIで養殖稚魚の選別を効率化

現在は稚魚を手作業で選別しているため、作業員の負担が重い

近畿大学水産研究所と豊田通商、日本マイクロソフトは21日、人工知能(AI)を活用して養殖稚魚の選別作業を効率化する実証実験を開始したと発表した。いけすで養殖した稚魚を出荷する際に、生育不良の稚魚を取り除く作業にAIを適用する。経験や体力が必要で、人手不足が課題になっていた。AIを使って作業を自動化する。

稚魚の選別作業では、生育した稚魚をポンプで吸い上げ、ベルトコンベヤーで搬送する間に作業員が生育の良しあしを目視で判別する。作業員に負荷が重いため、近大は豊田通商とマイクロソフトと共同で2017年6月ごろからシステム自動化の検討を開始した。

作業の自動化には稚魚を吸い上げる「移送ポンプの水量調節」と「生育不良の稚魚の選別」の2作業の自動化が必要になる。同社らはまず「水量調節」をAIで自動化する。

吸い上げた稚魚をベルトコンベヤー上に均一に並べるには稚魚数に合わせて水量を調節する必要がある。まずポンプの出入り口に設置したカメラで稚魚の画像データを取得し、水量データと共にマイクロソフトのクラウド「アジュール」へ送信。AIで画像を解析して稚魚数を数える。さらに人の水量調節作業をAIに機械学習させて、水量を調節できるようにした。19年3月までに現場で利用できるようにする。

ポンプ制御を自動化した後は、目視による選別作業を自動化する予定だ。画像解析と機械学習を組み合わせることで実現できると見込む。マイクロソフトはAI開発、豊田通商はカメラなど機材調達を担当する。

近畿大学水産研究所は「近大マグロ」をはじめ多くの魚種の養殖研究に取り組む。すでに同学発のベンチャー企業を通じて、マダイ稚魚を全国の養殖業者へ販売している。一方、稚魚の選別作業は野菜や果物のように自動選別が難しく進んでいない。

労働集約型の第1次産業ではIT(情報技術)を適用しにくく、作業の効率化が進んでいない。同社らは今回の取り組みがこうした産業の「働き方改革」に貢献できると期待している。(佐藤雅哉)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン