ADEKA、日本農薬を子会社化 医療分野を開拓

2018/8/21 18:21
保存
共有
印刷
その他

ADEKAは21日、日本農薬を子会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)や第三者割当増資を通じて、持ち株比率を現在の24%から51%に引き上げる。総額約200億円を投じる。ADEKAは再生医療や化粧品原料といった事業の育成を進めており、日本農薬が持つ合成技術が生かせると判断した。

ADEKAは化学品やパン材料といった食品が主力事業。新領域として再生医療などライフサイエンス分野に取り組んでいる。日本農薬を子会社化し、研究や販売面で相乗効果を追求する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]