高村副総裁、在任期間がトップに 大野氏と並ぶ

2018/8/21 18:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の高村正彦副総裁の通算在任期間が21日に2142日となり、歴代最長の大野伴睦氏と並んだ。高村氏は党本部で記者団に「長きを持って尊しとするわけではない。今後はこのポストにいようといまいと自然体でやるべきことをやっていきたい」と述べた。

高村氏は野党時代の2012年9月に副総裁に就任。集団的自衛権の限定行使を認める安全保障関連法の与党協議を主導した。17年10月の衆院選に立候補しなかったが、安倍晋三首相(党総裁)に改憲論議の取りまとめ役を期待され副総裁を続投した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]