/

この記事は会員限定です

東芝、インドで空調機器を生産 現地化でコスト削減

[有料会員限定]

東芝傘下の空調事業会社、東芝キヤリアは2019年春からインドで生産を始める。インド向けの製品はタイから輸出していたが、ルピー安や関税で輸出コストが上昇しており、現地生産でコスト削減につなげる。世界最大市場である中国の成長が鈍化する一方、インドは年率10%以上の成長が見込める。価格競争力を高めて開拓を急ぐ。

インドでは通常なら数十億円かかる工場の新設を避け、合弁相手の米キヤリアの工場内にラインを設けて投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン