2018年12月11日(火)

重力波望遠鏡「かぐら」、心臓部の鏡を公開 東大

科学&新技術
2018/8/21 12:53
保存
共有
印刷
その他

東京大学宇宙線研究所などが来冬の本格稼働を目指す重力波望遠鏡「かぐら」の心臓部となる4枚の人工サファイアの鏡が完成、最後の4枚目が東大柏キャンパス(千葉県柏市)で21日に公開された。かぐらは神岡鉱山(岐阜県飛騨市)の地下にある。1辺3キロのL字形の真空パイプ内でレーザー光を往復させ、重力波による空間の非常にわずかなゆがみを超高精度で検出する。

東大柏キャンパスで21日公開された重力波望遠鏡「かぐら」の鏡

同規模の重力波望遠鏡が米欧に3台あるが、かぐらは先進的な技術を導入している。中核となるのがレーザー光を反射させるサファイア鏡。極低温に冷やすことで、観測の邪魔になる鏡の熱による変動を抑える。

鏡はいずれも直径22センチ、厚さ15センチの平たい円筒形で重さは23キログラム。公開された鏡を含む2枚はレーザー光を反射させると同時に透過させる役割も担い、サファイア結晶により高い性能が求められる。東大宇宙線研が国内の結晶メーカーの信光社(横浜市)と共同開発した。

かぐらと欧米の望遠鏡が連携すれば、重力波がどの方向から到来しているのか、より高い精度で迅速に突き止められる。重力波で宇宙を探る天文学の新分野の一段の発展が期待されている。東大宇宙線研の大橋正健教授は「早ければ来年10月にも国際共同観測に参加したい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報