エルサルバドル、台湾と断交 中国と国交樹立

2018/8/21 12:22
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】中米エルサルバドルのサンチェスセレン大統領は20日、台湾と断交したと発表した。エルサルバドルは21日、中国と国交を樹立するための文書を取り交わした。2016年に台湾の蔡英文政権が発足して以降、台湾と断交したのは5カ国となり、外交関係を持つ国は17に減った。独立志向を持つ蔡政権への中国の圧力が背景にある。

写真左はエルサルバドルとの断交を受け会見する台湾の蔡総統。写真右は国交を樹立したエルサルバドルのカスタネダ外相(左)と中国の王毅外相(いずれも21日)=ロイター

写真左はエルサルバドルとの断交を受け会見する台湾の蔡総統。写真右は国交を樹立したエルサルバドルのカスタネダ外相(左)と中国の王毅外相(いずれも21日)=ロイター

5月にはカリブ海のドミニカ共和国、西アフリカのブルキナファソが相次ぎ台湾と断交し、中国と国交を樹立していた。21日に台北市内で記者会見した台湾の呉●(かねへんにりっとう)燮・外交部長(外相)は中国が経済支援をテコに外交関係を奪ったとの見方を示し、中台関係に「悪影響をもたらす」と述べた。

中国は中国と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則を掲げるが、蔡政権はこれを認めていない。蔡氏は20日に中南米への外遊から台湾に戻ったばかり。外遊では経由地として米国に立ち寄り、米との関係強化をアピールしていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]