/

この記事は会員限定です

売るなら同志 スタートアップ間M&A「第3の出口」に

[有料会員限定]

資金調達のしやすさを背景に、スタートアップ企業間のM&A(合併・買収)が活発になってきた。同業他社の買収による規模の拡大や、経営基盤を安定させ人材採用や技術開発に注力するのが狙いだ。新規株式公開(IPO)、大企業への売却に次ぐ「第3の出口」として定着すれば、分散していた資金や人材が集約され大型スタートアップが育ちやすくなる可能性もある。

■経営理念を共有

「経営支援のノウハウを蓄積して財務戦略のプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン