2019年4月20日(土)

島特産のウニ知って 北海道・利尻、養殖場公開

2018/8/21 10:01
保存
共有
印刷
その他

北海道・利尻島特産のウニをもっと知ってもらおうと、利尻町は8月から養殖施設「ウニ種苗生産センター」の一般公開を始めた。4日には島を初めて訪問された天皇、皇后両陛下も見学。町幹部は「地域活性化につなげたい」と意気込む。

一般公開を始めた北海道・利尻島の「ウニ種苗生産センター」(5日、利尻町)=共同

利尻産のウニは東京など各地に出荷されるが、環境の変化や乱獲の影響で水揚げは減少傾向。1994年設立の同施設では毎年、2センチ程度まで育てたエゾバフンウニ約400万個を海に放流しており、昨年度は町の全水揚げ高約12トンの1割ほどを、放流されたウニが占めたという。

施設内に整然と並ぶいけすには、放流前の小さなウニが散らばる。住民が「ウニ」「ガンゼ」と呼ぶエゾバフンウニと、「ノナ」と呼ぶキタムラサキウニの違いを際立たせるため透明な水槽でも展示し、成長の様子をパネルで解説。見学者は乾燥コンブを購入してウニへのエサやりもできる。

施設を管理する町まち産業推進課の宮田秀彦課長は「一般公開をきっかけに、観光や産業振興の分野でも町が元気になればうれしい」と話した。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報