2018年11月20日(火)

11/20 9:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,624.40 -196.76
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,610 -230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

パウエル議長は「高金利人間」か

2018/8/21 10:07
保存
共有
印刷
その他

トランプ大統領によるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の利上げ路線に対する「口先介入」が再燃している。外電や欧米経済紙が相次いで、利上げ批判発言を伝えている。メディア・インタビュー、支持者集会、自身経営のゴルフ場など発言の場は様々だ。

総じて強い利上げ批判というより、「ぼやき」に近い。自ら任命して頼りにしているのに、自分のことを聞いてくれない、というニュアンスがにじむ。FRBにはもう少し助けてほしい、他の国では緩和しているではないか、という言い回しも伝えられる。

パウエル氏は「チープ・マネー・マン=安いカネ人間」かと思っていた、という表現も使われている。

この時期に再び利上げをけん制する発言を繰り返す背景は、やはり中間選挙で劣勢が語られるからであろう。名目賃金が緩やかに伸びても、物価上昇率が上回り始めた。賃金がなんとか上昇しても利上げで台無しになる、との懸念が透ける。

一方、ドル長期金利も、ベンチマークとなる米10年債利回りが月初には3%突破していたのに、2.81%まで沈んでしまった。3%の壁はやはり厚い。背景はトルコ発新興国経済不安。安全資産として米国債が買われている。

投機筋の先物売買ポジションも、金利上昇を当て込んだ米国10年債売りポジションが過去最大級の規模に膨張している。外為関連ではドル買いポジションがやはり最大級の上昇を見せている。米国債は売られ過ぎ、ドルは買われ過ぎの反動が出やすい地合いである。

そこにアトランタ連銀のボスティック総裁(米連邦公開市場委員会=FOMC=投票権あり)が「年3回利上げ説」に言及すると、投機筋にとっては格好の巻き戻しのキッカケとなる。

パウエル氏の立場では、トランプ氏のけん制発言が相次ぐなかで、仮に9月利上げを見送れば、たちまち「中央銀行、政治的独立放棄」のそしりを受けかねない。

結果的にトランプ氏は自らの発言でFRB9月利上げ結束を固める結果になっているように見える。

筆者が最も気になるのは、トランプ氏がパウエル氏について語るとき「身内」意識を丸出しにすることだ。社長が子飼い幹部の言動を語るごとき印象を受ける。

そもそも中央銀行の政治的独立性を意識する人物であれば、出るはずのない物言いだ。

パウエル氏も持て余す「親分」ぶりである。

なお、注目の米10年債・2年債利回りも長期2.81%、短期2.58%と、その差0.23%にまで縮小してきた。金利トレンドが上昇でも下落でもイールドカーブ平たん化だけは変わらない。新興国経済不安、貿易摩擦問題と長短金利縮小が共振する現象は、市場内で不気味な異音に響く。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ