/

保護の2歳男児退院、山口 母親「感謝しかない」

山口県周防大島町で行方不明となり、3日ぶりに保護された藤本理稀ちゃん(2)が20日、入院先の同県柳井市の病院から退院した。理稀ちゃんを抱いて取材に応じた母、美緒さん(37)は「感謝の気持ちしかない。本当にありがとうございました」と話した。

病院を退院する藤本理稀ちゃん。小さな手で母美緒さんにしっかりとつかまっていた(20日午後、山口県柳井市)=共同

理稀ちゃんは報道陣らに驚いた様子で、終始無言。小さな手で美緒さんの服をぎゅっとつかみ、不安げだったが、最後は美緒さんに促され、集まった人に手を振った。

美緒さんによると、入院中に「3日間、1人だったの」と問いかけると、理稀ちゃんはうなずき、「何か食べたの」と聞くと首を横に振った。

理稀ちゃんは行方不明中の13日に2歳の誕生日を迎えた。美緒さんは「体調が落ち着いたらみんなでお祝いしたい。元気で帰ってきてくれたので、好きなアイスクリームをいっぱい食べさせてあげたい」と笑顔だった。

理稀ちゃんを発見した尾畠春夫さん(78)=大分県日出町=は20日、ボランティア活動をしている広島県呉市で「子供はお母さんの腕に抱かれるのが一番」と喜び、「(救助時より)髪が短くなっていて驚いた。人に優しく明るい子になってね、と声を掛けてあげたい」と顔をほころばせた。

病院によると、健康状態は良好。入院中も起き上がっておもちゃで遊ぶなど、元気な様子を見せていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン