/

この記事は会員限定です

千葉市で「受動喫煙防止条例」成立へ 実効性カギに

[有料会員限定]

従業員を雇う飲食店を原則屋内禁煙にする千葉市の受動喫煙防止条例案が9月の市議会で成立する見通しとなった。東京都議会で6月に成立した条例に近い内容で、政令市では初めて国の法律より規制を厳しくした。市は今後、ほかの自治体にも同様の条例制定を働きかける方針だか、どこまで実効性を持たせられるかが焦点となる。

千葉市の条例案では従業員を雇う飲食店は規模にかかわらず、飲食できない喫煙専用室を設けない限り、店内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン