2018年9月21日(金)

長野県信濃町、ロボット試験場併設のテレワーク施設

北関東・信越
2018/8/20 23:00
保存
共有
印刷
その他

 長野県信濃町は町内のキャンプ場周辺にテレワーク拠点「信濃町ノマドワークセンター」を整備する。通常のオフィス設備のほか、3Dプリンターなどを導入。キャンプ場の敷地はドローンやロボットの実証実験場にする。首都圏などの企業を呼び込み、地域活性化につなげる。2019年5月の開業を予定する。

豊かな自然の中でリラックスして仕事に取り組めるという(センターの完成予想図)

 「やすらぎの森オートキャンプ場」に隣接する農業体験施設「矢保利の館」を改修する。総事業費は約7500万円。キャンプ場を運営するNPO法人「ネイチャーサービス」(埼玉県坂戸市)に事業を委託する。

 首都圏などのIT(情報技術)企業や製造業などの誘致を目指す。広い敷地と冷涼な気候により、ロボットの試験運用や寒冷地対応テストなどに利用できるという。研修などの長期滞在で、地域活性につなげる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報