/

この記事は会員限定です

鉄道各社とスタートアップ データ活用で協力拡大

[有料会員限定]

鉄道各社がデータの活用でスタートアップ企業との協力関係を広げている。東京急行電鉄はホテルやカードなどの分野で新事業開発に着手。京浜急行電鉄は訪日外国人客の周遊パターンから観光商品作りを目指す。各社はICカード乗車券などから得る豊富な消費者データを持つ。スタートアップの柔軟な発想でデータを生かし、成長戦略につなげる。

東急はこのほど、グループ会社が手掛けるホテルやカード、教育などの分野をスタートアップとの協業対象に加えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン