2018年9月20日(木)

北戴河で「習独走」にひとまず歯止め  闘いは秋の陣へ
編集委員 中沢克二

トランプ政権
習政権ウォッチ
習政権
経済
政治
コラム(国際・アジア)
中国・台湾
北米
(1/3ページ)
2018/8/21 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中国共産党の現役指導者と長老らが河北省の保養地で重要事項を巡って意見する「北戴河会議」が8月中旬までに終わった。この半月余り、党の宣伝方式の常識を覆す動きがいくつもあった。異変と言ってよい。

 まずは8月8日の夜遅く、国営通信の新華社は、首相の李克強が同日午後、北戴河で、国連総会で議長を務めるエクアドルの外相、エスピノサと会談したと伝えた。前国家主席の胡錦濤時代になった2003年から重症急性呼吸器…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報