地域全体で子育てを コミュニティースクールが急増

2018/8/21 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

教職員と地域住民らが連携して学校を運営するコミュニティースクール(CS)が急増している。文部科学省の調査によると、全国の15%の学校が導入。地域住民が放課後の活動を援助するなどして教員の負担軽減につながる一方、住民にとっても災害時の学校の活用方法について事前に話し合えるなど双方にメリットがある。文科省はCSをさらに普及したい考えだ。

7月下旬に東京都品川区立浜川中学校で開かれた「夏期集中講座」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]