/

この記事は会員限定です

医療やクラウドの中堅に海外マネー 独自の成長評価

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、3年間の外国人持ち株比率の増加幅をランキングしたところ、医療やクラウドなど成長市場で収益基盤を確立した企業が上位に並んだ。必ずしも知名度は高くないが、業界での競争力は高い。中長期的に大きな成長が期待できるとして、海外投資家の資金が向かっている。

1位 N・フィールド 訪問看護、精神疾患ケア

N・フィールドは精神疾患を抱える患者の訪問看護を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン