テレビ埼玉の公営競技番組、放送回数1万回を突破

2018/8/20 15:07
保存
共有
印刷
その他

テレビ埼玉(さいたま市)の長寿番組「BACH(バッハ)プラザ」の放送回数が1万回を超えた。埼玉県内を会場とする競馬や競輪など4つの公営競技の情報を伝える番組で、1991年3月の開始以来、27年間無休で放送を続けてきた。10月には同市内で祝賀パーティーを予定する。

「BACHプラザ」の初回放送(1991年3月30日)

番組名のBACHは戸田市が会場のボート(B)、川口市のオート(A)、さいたま市と所沢市の競輪(サイクル=C)、さいたま市の競馬(ホース=H)の4競技の頭文字から取った。毎日午後10時30分から30分間の帯番組で、当日のレース結果や専門家の解説などを放送している。

91年3月30日の初回から盆や正月も休まずに放送を続け、今月14日に1万回に達した。テレ玉担当者は「4競技がそろう埼玉県だからこそ達成できた」と説明する。若者のギャンブル離れや自治体財政の悪化などで公営競技自体の存廃が議論になった時期もあったが、根強いファンが番組の継続を支えた。

放送1万回突破を記念するパーティーは10月17日にさいたま市内で開く。各競技の選手や騎手、番組の歴代司会とリポーターらが集まるほか、視聴者も抽選で招待する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]