2019年2月21日(木)

2人死亡、1人不明 海や山などの事故

2018/8/18 20:27 (2018/8/18 21:57更新)
保存
共有
印刷
その他

お盆期間終盤の土曜日となった18日、全国各地の海や山などで事故が相次いだ。共同通信のまとめでは2人が死亡、1人が行方不明になり、13人が負傷した。

富山県朝日町の海水浴場では、息子らと遊びに来ていた兵庫県姫路市の会社員、坂根義巳さん(53)が溺れて死亡した。小学生の息子2人を乗せたビニールボートにつかまり、約10メートル沖合を泳いでいたところ、ボートが転覆した。息子2人にけがはなかった。

長野県と群馬県にまたがる浅間連峰で、下山中だった60歳ぐらいの男性が約100メートル滑落。救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

広島県呉市では、母親と海水浴場に来ていた県内に住む男児(4)が溺れた。救助されたが、意識不明の重体という。

長野県の鬼面山では、知人と登山に来ていた女性が滑落。警察官らが心肺停止状態の女性を発見したが、日没のため、救助活動を中断した。

茨城県鹿嶋市では、友人らと海へ遊びに来ていた20代の男性が、人工の岬の先端付近で波にさらわれ、行方不明になった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報