/

この記事は会員限定です

死ぬまでやるしかない 迫る大廃業時代

ルポ迫真

[有料会員限定]

8月2日、岩手県花巻市のオイカワ製作所。蒸し暑い工場はフル稼働だった。20人超の従業員が忙しそうに板金加工の作業を続けていた。

アルプス電気東芝日立製作所など大手と取引し、蓄電池システムや製造ライン向けに部品を供給する1948年創業の老舗。だが黒字経営にもかかわらず、廃業の危機が迫っている。理由は「後継者難」だ。

「このままだと会社が消滅してしまう」。代表取締役の及川賢(77)が焦りを感じ始めたのは70歳を過ぎたころだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン