/

この記事は会員限定です

漫才ロボ、1分でネタ完成 甲南大(キャンパス新景)

[有料会員限定]

「レッサーパンダとかけて選挙と解きます」「その心は」

「どちらもニンキ(人気、任期)がつきものです」「もうええわ」

目の画像をころころ変えながら体を左右に動かし、オリジナルの即興漫才を披露するのはロボットの「あいちゃん」(ツッコミ役)と「ゴン太」(ボケ役)。甲南大学(神戸市)の北村達也教授らが2008年から開発を進める人工知能(AI)を活用した漫才だ。

端末のキーボードに好きな単語を打ち込んで1分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン