廃プラ削減で数値目標 政府検討、実効性が課題

2018/8/18 8:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はプラスチックごみによる海洋汚染の深刻化を受けて削減に向けた対策に乗り出す。年内にも数値目標を盛り込んだ対応策をまとめる。プラごみを巡っては欧州連合(EU)などで規制が進む。日本は包括的な規制がなく国内外から批判が強まっている。レジ袋や使い捨て容器など、どこまで規制に踏み込めるかが焦点となる。

環境省が17日に開いた審議会でプラごみの削減の議論に着手した。6月の主要7カ国(G7)首脳会議で「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]