/

この記事は会員限定です

長野県天龍村、超高齢化社会下で生活インフラ維持図る

[有料会員限定]

全国で有数の高齢化社会を迎えている長野県天龍村。同村が買い物弱者の支援や高齢者の見守りに取り組んでいる。日用品を売る商店が減り買い物対策が急務となっているため、村で委員会を立ち上げて対策を検討している。タブレット端末を利用した高齢者の見守りサービスも始めた。超高齢化社会の中で生活インフラの維持を図る。

長野県の南端で愛知県と静岡県に県境を接する天龍村。天竜川の渓谷に位置し、面積は109平方キロメー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン