/

この記事は会員限定です

ウエノテックス AIやIoT関連製品に力

[有料会員限定]

破砕機を製造・販売するウエノテックス(新潟県上越市)は人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用した製品の開発を本格的に始める。人手不足が続く廃棄物処理業者向けにごみの自動選別や分量を瞬時に把握するシステムを開発する。他業種への応用も目指し、2020年9月期の売上高を17年比4割増の35億円に引き上げる。

ウエノテックスは3月にAIやIoTの研究拠点となる子会社「リタテクノロジー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン