2019年8月21日(水)

パキスタン首相にカーン氏 中国接近で地域情勢変化も
対米疎遠でアフガン混迷 対印関係改善も膠着へ

2018/8/17 20:30 (2018/8/17 22:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューデリー=黒沼勇史】7月のパキスタン総選挙で勝利したパキスタン正義運動(PTI)の党首イムラン・カーン氏(65)が17日、新首相に選出された。同国は外貨危機に直面し、中国など海外に支援を仰ぐのが喫緊の課題だ。支援外交を機に対中関係が従来のインフラ整備から安全保障協力に広がる一方、対米関係が疎遠になる可能性がある。パキスタンが米と協調してきた対テロ戦の手綱を緩めればアフガニスタンも混迷を深め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。