/

この記事は会員限定です

銅軟調、世界景気に黄信号 中国減速で需要減の観測

[有料会員限定]

銅価格の下落基調が鮮明だ。米中両国の貿易戦争の激化で主要需要国の中国で景気悪化が懸念されている。米国の長期金利上昇で新興国通貨も下落し、世界的に需要が落ち込むとの観測が根強い。銅は建材や自動車など幅広い分野に使われ、世界景気の先行指標といわれる。軟調な銅相場は景気減速が強まることを暗示している。

指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は日本時間17日夕時点で1トン5900ドル前後。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン