/

この記事は会員限定です

「夫婦別姓」求める訴訟再び 経営者ら「仕事に支障」

[有料会員限定]

結婚時に夫婦別姓を選べないのは不当だとして、国に損害賠償などを求めて提訴する動きが広がっている。最高裁が2015年、「夫婦同姓」を定めた民法の規定を合憲と判断したことで、一度は結論が出たはずの夫婦別姓問題。訴訟が相次ぐ背景には、仕事や日常生活での不便さを訴える声が次第に大きくなっていることがあるようだ。

「別姓を選択するのは僕らにとっては自然な選択。普通に認められてほしい」。米国在住の映画監督、想...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン