/

この記事は会員限定です

障害者雇用、偽りの「達成」 総務・国交など水増し

[有料会員限定]

法律で行政機関や民間企業に義務付けられている障害者の法定雇用率について、総務省や国土交通省など複数の省庁で雇用した障害者数が水増しされている可能性が高いことが17日分かった。これまでほぼすべての中央省庁が法定雇用率に達していると発表していたが、実際の雇用率は半分程度にとどまる省庁もあるとみられる。

民間企業は法定雇用率を下回ると納付金などを求められている。率先垂範する立場の行政機関の水増しで制度の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン