2019年2月22日(金)

2/22 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 豪ドルが乱高下 中国の豪石炭輸入禁止など受け[有料会員限定]
  2. 2位: 中国発 原油暴落ドミノ(大機小機)
  3. 3位: カナダ公的年金、日本株ヘッジファンドに投資 数百億円[有料会員限定]
  4. 4位: 日本株、出遅れ鮮明に 来期業績への不安拭えず[有料会員限定]
  5. 5位: 10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

業績ニュース

企業の為替想定、ドル105円 ユーロ130円中心 2019年3月期
業績上振れ余地 ユーロでは円高リスク浮上

2018/8/17 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

上場企業の2019年3月期通期の想定為替レートを集計したところ、対ドルで多くの企業が105円と実勢(111円弱)より慎重な計画を立てていることが分かった。業績上振れの「のりしろ」になる一方、対ユーロではトルコ混乱の影響で円高が進んだ。人民元安もあり、米国との対立に絡んだ為替変動に注意が必要な情勢だ。

18年4~6月期の実績は1ドル=109円程度。7月以降に通期の業績予想の前提となる想定為替レート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム