/

この記事は会員限定です

はったり「セコム」ステッカー摘発 本物は非売品

[有料会員限定]

警備大手「セコム」のステッカーを偽造してインターネット上で販売したとして、京都市のアルバイトの男(25)が7月末、商標法違反の疑いで警視庁に逮捕された。玄関先や窓に貼って空き巣などをけん制する目的で購入されたとみられるが、同社の担当者は「見せかけのステッカーが出回ると信用が損なわれかねない」と憤っている。

同庁原宿署によると、男の逮捕容疑は「Security by SECOM」と書かれた偽ステッカー1枚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン