/

この記事は会員限定です

テスラ情報開示また疑惑 EV量産計画もSEC調査

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志、ニューヨーク=宮本岳則】米テスラがツイッター上で株式非公開化の方針を表明してから10日が経過した。唐突な発表はなお波紋を広げており、16日には米証券取引委員会(SEC)が2017年から同社の情報開示を巡り調査を始めていたことも判明した。非公開化の検討プロセスについては後付けの説明に終始したままで、情報の開示姿勢にまた疑念の目が向けられている。

米紙ウォール・ストリート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン