韓進会長、高額報酬にも批判 上半期4割増の5.8億円

2018/8/17 17:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国航空大手の大韓航空を中心とする大手財閥、韓進グループを率いる趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の2018年1~6月の報酬が、58億ウォン(約5億8000万円)だったことが分かった。サムスンや現代自動車など他の大手財閥総帥を上回る。創業家を巡る疑惑が相次ぎ、大韓航空の業績が悪化するなかでも多額の報酬を受け取り、世論の反発を招いている。

複数の韓国メディアによると、趙会長は大韓航空の…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]