2018年9月20日(木)

9/20 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: なぜ再び仮想通貨で不正流出? 3つのポイント
  2. 2位: 「石破氏善戦」で気迷う市場 くすぶる経済対策の思惑[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 小幅続伸、通商懸念後退で 総裁選後に一時下げ
  4. 4位: 「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出
  5. 5位: 株、「超高速」上昇で市場に警戒サイン 円安持続観測で先高観は消えず[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,674.93 +2.41
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,460 -60

[PR]

M&Aニュース

フォローする

伊藤忠、ユニファミマのTOB完了
1200億円で連結子会社に

サービス・食品
小売り・外食
2018/8/17 16:41
保存
共有
印刷
その他

 伊藤忠商事は17日、ユニー・ファミリーマートホールディングスに対するTOB(株式公開買い付け)が完了したと発表した。約1200億円で8.6%の株式を追加取得した。伊藤忠の出資比率は50.1%に高まり、連結子会社になった。インターネット通販の普及で流通業界の競争は激しくなっており、提携関係を強化してデジタル対応を急ぐ。

 伊藤忠は4月にユニファミマを連結子会社にする方針を発表。7月17日からTOBを開始していた。1株当たりの取得額は1万1000円で、1088万400株を上限に募集した。

 買い付け期間の8月16日までに予定数の2.6倍の応募があった。伊藤忠は案分比例で応募者から株を買い付ける。

 伊藤忠はこれまでも食料品の調達や物流でユニファミマと協力してきた。連結子会社とすることで決済のデジタル対応を強化する。独自の電子マネーの開発や新たなポイントサービスの導入を検討する。顧客の購買データを収集・分析し、商品開発や販売促進に役立てる。

 商社は卸売業を得意としてきたが、アマゾン・ドット・コムなどネット通販の台頭で中抜きになる懸念から、川下の小売部門の強化に動いている。三菱商事も2017年にローソンに追加出資して子会社化した。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム