2019年2月23日(土)

就活生の皆さんは何型ですか? 高原豪久 ユニ・チャーム社長

経営者ブログ
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/8/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年春の入社に向けた新卒採用や就職活動も、そろそろ一段落といった企業や学生が多いのではないでしょうか。

昨今の大学生の就職に関する意識や行動は急速に変わっており、企業側もこれまでのような効率のみを重視した一律的な採用活動や、母集団を専攻学科や出身大学などに頼った大まかなターゲティングでは、思うような採用ができず、また入社後の定着も難しくなってきたと思います。

なぜならば学生の企業に求めるも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

不合理な意志決定 7つの心理[有料会員限定]

2018/8/9 6:30
高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

部下に自ら気づかせられるか[有料会員限定]

2018/5/3 6:30
高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

外に向けて歌う社歌[有料会員限定]

2018/4/19 6:30

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報