/

この記事は会員限定です

借り換え専用の住宅ローン、金利引き下げ相次ぐ

「新規」の競争激化で 疾病保障も充実

[有料会員限定]

住宅ローンの借り換え専用商品で金利を引き下げる金融機関が増えている。新規ローンの収益性が競争激化で悪化するなかで、借り換えローンを新たな収益源にするのが狙いだ。現在ローンを組んでいる人は上手に借り換えれば返済負担を減らせるケースが少なくない。住宅ローンの金利動向と活用法を探った。

「優遇期間はあと2年で終わる。借り換えるなら今か」。40代の会社員Aさんは悩む。2010年、東京都内でマンションを買っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン