2018年9月21日(金)

一関市で営農型メガソーラー稼働 採光率50%で麦栽培

科学&新技術
BP速報
2018/8/17 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

国営開発農地を活用した(出所:日経BP)

国営開発農地を活用した(出所:日経BP)

 リニューアブル・ジャパン(東京・港)と東急不動産、日本アジア投資の3社は、岩手県一関市において出力2.6MWの営農型メガソーラー(大規模太陽光発電所)「一関市吉高太陽光発電所」を稼働させた。

 未利用になっていた同市藤沢町の国営開発農地(5万8625平方メートル)を、一時転用制度により、農地と太陽光発電所として活用した。太陽光パネルを高さ約3.5メートルの架台に設置し、その下で小麦・大麦の有機栽培などを行う。

竣工式の様子(出所:日経BP)

竣工式の様子(出所:日経BP)

 竣工式を2018年7月25日に開催した。発電事業者や施工関係者のほか、一関市の勝部修市長など自治体関係者も含め50人以上が出席。勝部市長は、「農業と太陽光発電の両立を目指す画期的なプロジェクト。地域振興にたいへん期待を寄せている」と、挨拶した。

 太陽光パネルには、一般的な60セル(278W)/枚タイプを採用し、9460枚設置した。パネル1段3列の3枚を基本アレイ(パネル設置単位)とし、各アレイは、間隔を空けて架台に設置角8度で設置し、採光率50%を確保した。

高さ3.5メートル、支柱間隔6メートル、筋交いなしとして営農効率に配慮した(出所:日経BP)

高さ3.5メートル、支柱間隔6メートル、筋交いなしとして営農効率に配慮した(出所:日経BP)

 3つのアレイを杭基礎4本と支柱、梁で支える構造とした。支柱と支柱の間隔は6メートル空け、筋交い(ブレス)なしに強度を維持できる設計としたため、トラクターやコンバインなど大型の農業機械も容易に使用でき、効率的な営農を継続できるという。

■東北銀行によるプロジェクトファイナンスを組成

 今回の太陽光プロジェクトは、まず一関市が営農型タイプを発案し、リニューアブル・ジャパンとともに計画を進め、藤沢農業振興公社、地権者と協議してきた。同公社または同公社のアレンジする農家が営農に従事する。

 ノンリコースによるプロジェクトファイナンスを組成し、総事業費の約8割を東北銀行から調達した。EPC(設計・調達・施工)サービスは三菱電機システムサービス(東京・世田谷)が担当した。太陽光パネルは三菱電機製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウエイ製を採用した。

 プロジェクト全体は、2つの発電所で構成され、今回、稼働したサイトのほか、「一関市鈴ヶ沢太陽光発電所」を建設中で、2カ所で合計約5.3MWとなる。「一関市鈴ヶ沢太陽光発電所」は、18年10月に稼働開始の予定。

 2サイトで、年間に約6075MWh(20年平均)の発電量を見込む。これは一般家庭約1268世帯に相当し、約3290トンの二酸化炭素排出抑制を見込む。固定価格買い取り制度(FIT)による売電単価は36円/kWhとなる。

(日経BP総研クリーンテックラボ 金子憲治)

[日経 xTECH 2018年8月16日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報