2018年11月21日(水)

プラ製ストロー廃止、なぜいま? 3つのポイント

3ポイントまとめ
3つのポイント
2018/8/17 11:19
保存
共有
印刷
その他

飲食店やファストフード店ではおなじみのプラスチック製ストローを廃止するニュースが相次いでいます。なぜ今そんな動きが起きているのでしょう。

米スターバックスはプラスチック製ストローの使用を段階的に廃止する=ロイター

米スターバックスはプラスチック製ストローの使用を段階的に廃止する=ロイター

(1)スタバに続き、ガストも

すかいらーくホールディングスが運営する「ガスト」が2020年までに国内3200店舗で廃止することが明らかになりました。子供や障がい者用には紙製の代替品を検討しますが、原則グラスだけで提供する方針です。米スターバックスが同じく20年までに全世界で廃止すると発表したのにつぐ動きです。米マクドナルドも英国とアイルランドで切り替えを検討しています。

すかいらーくHD、プラ製ストロー全廃へ

(2)きっかけはG7の「憲章」

6月にカナダで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議は「海洋プラスチック憲章」を採択しました。30年までにすべてのプラスチックを再利用や回収可能なものにする方針です。日本は署名しなかったものの、環境省が対策を協議する小委員会を設置しています。経済協力開発機構(OECD)によると、世界のプラスチックゴミ発生量は1980年の6倍に増えており、化学物質が食品を通して人体に入る影響も懸念されています。

微小プラスチック汚染を防げ

(3)「ESG投資」が背中押す

投資家が企業の株を選別する際に、成長性や利益といった従来の指標に加え、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みを厳しく見るようになっています。プラスチックごみの対策については、世界の機関投資家が企業に対策を講じるよう圧力をかけ始めています。プラスチックごみのうち、ストローが占める割合はそれほど大きくはありませんが、消費者にもわかりやすい例として象徴的に取り上げられており、こうした動きが企業の背中を押しています。

投資マネーも促す「プラごみ」対策

保存
共有
印刷
その他

ガスト、プラ製ストロー全廃へ 外食大手初[有料会員限定]

2018/8/16 18:00

アジアで捨てられるプラごみ、世界の海を漂う[有料会員限定]

2018/8/12付

ストロー・食器、脱プラ広がる[有料会員限定]

2018/8/8付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報