2018年11月15日(木)

存続危うし 米国の中・高校の日本語プログラム  (グローバルViews)
ワシントン支局 長沼亜紀

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
北米
2018/8/24 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「日本語を学ぶのは、簡単だから、資格を得られるから、じゃない。挑戦しがいがあるから、文化を知りたいからだ」。米バージニア州の高校2年生のジュリアナ・ローガンさんは5月、アーリントン郡教育委員会が打ち出した日本語クラス廃止方針を覆そうと公聴会でこう訴えた。米国では日本語学習者数は減っていないものの、予算削減や中国語との競争などで中・高校での日本語プログラムの存続が難しくなってきた。

首都ワシントン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報