2018年11月19日(月)

脳卒中の重症化防げ 兵庫医大、救急現場向け判別システム開発

2018/8/17 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳卒中の重症化を防ぐ取り組みが関西で進んでいる。兵庫医科大学(兵庫県西宮市)は、このほど病院への搬送前に救急隊員が脳卒中の症状をサイト上で判別できるシステムを開発した。脳卒中は処置が遅くなると治療法は限られる。素早い判断で治療の手立てを増やし、重い後遺症や死亡のリスクを抑える狙いだ。

兵庫医大が開発したシステムはタブレット端末などを通じて患者の脳卒中の種類を判別する。救急隊員が「突然の発症」「顔…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報