/

DNA鑑定「日本人なし」 比で収集「戦没者遺骨」 厚労省は報告非公表

厚生労働省に委託された2人の専門家が、太平洋戦争の激戦地・フィリピンで旧日本兵のものとして収集された遺骨の一部をDNA鑑定し「日本人である可能性が高い人骨はなかった」などとする報告書をまとめていたことが16日、関係者への取材で分かった。

厚労省は2012年10月に報告書の提出を受けたが、現在まで結果を公表していない。同省の担当者は「現在、事実関係を確認中」としている。

フィリピンでの遺骨収集事業は8年前に現地住民のものが混入している可能性が指摘され、中断している。厚労省は事業再開に向け、今年5月、両政府関係者の立ち会いの下で収集することを定める協力覚書をフィリピン政府と締結していた。

フィリピンでは、旧日本兵の遺骨約37万人分が帰還を果たしていない。厚労省は06年から民間団体の協力により、フィリピンでの情報収集を始め、09年度にはNPO法人「空援隊」に事業を委託。10年度には6289人分を日本に持ち帰った。

10年10月に「現地人の遺骨が混じっている」との報道を受け、事業を中断。同省は11年10月に「戦没者のものとは考えにくい骨が含まれていた」とする検証報告書を公表していた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン