訪日外国人に「伊達文化」体験ツアー 宮城の地域商社

2018/8/16 21:00
保存
共有
印刷
その他

宮城県丸森町の地域商社、GM7はインバウンド(訪日外国人)向けに「伊達文化」の体験ツアーを販売する。仙台藩の初代藩主だった伊達政宗ゆかりの伝統文化や工芸、食事を体験してもらう。日本酒の蔵元を見学したり、仙台藩の作法を学んだりする。日本文化に関心の高い外国人観光客の需要を取り込む。

9月からアジアや欧米の旅行会社を通じて現地で販売する。受注型の企画旅行で料金は航空券やホテル代などを含めて1人1~5泊の想定で20~50万円。顧客に合わせて日程や内容をオーダーメードでつくる形式だ。陶芸職人と交流したり、三陸沖で漁業を体験したりする。ツアーは5~10人の少人数で実施する。

GM7は4月に宮城県丸森町やパソナグループのVISIT東北(仙台市)、一般社団法人宮城インバウンドDMOなどが出資して設立した。地元商品の販売や農業、観光などを手がける。訪日外国人向けに東北をめぐるツアーをつくり、地域のPRをめざしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]