2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,892,520億円
  • 東証2部 72,893億円
  • ジャスダック 86,656億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.93倍13.04倍
株式益回り7.72%7.66%
配当利回り1.96% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

脱デフレ銘柄に試練の夏 値上げ効果持続せず
証券部 白壁達久

2018/8/16 18:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日の日経平均株価は小幅続落。朝方に300円を超す下げとなった後、一時は上昇に転じるなど荒い値動きとなった。相場全体の地合いは弱く、東証1部で年初来安値を付けた銘柄は441銘柄に達した。中国の景気減速や貿易摩擦などから景気敏感株が売られるだけでなく、値上げに取り組み、脱デフレを担うとして市場から評価されてきた消費関連銘柄の息切れも顕著になってきている。

東証1部の約8割の銘柄が値下がりするなか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム