/

この記事は会員限定です

「このままでは共倒れ」 攻防ゼロックス

ルポ迫真

[有料会員限定]

「うちからゼロックスへの商品供給?あり得ませんよ」。7月中旬、リコーが東京都大田区の本社で開いた取締役会。社長の山下良則(60)は断言した。

富士フイルムホールディングスとの買収契約破棄に動く米ゼロックスは、技術協力契約が切れる2021年以降は商品調達でも、たもとを分かつと宣言した。ゼロックスは販売会社であり、現在はほとんどを富士フイルム子会社から調達しているため「絶縁」するならリコーなど競合他社から買う必要がある。

だが「ゼロック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン