2018年11月21日(水)

オンライン服薬指導、大手が相次ぎ参入 日本調剤は福岡で

2018/8/16 16:44
保存
共有
印刷
その他

薬剤師がインターネットを使って処方薬の飲み方を遠隔指導する「オンライン服薬指導」に、調剤薬局大手が相次ぎ乗り出す。最大手アインホールディングス(HD)などに続き、国内2位の日本調剤も参入を表明。オンライン服薬指導は6月に一部地域で解禁されたばかりで利用できる患者の要件も厳格だが、将来の需要拡大や規制緩和をにらんで体制を整える。

日本調剤が16日、福岡市内の薬局4店舗でオンライン服薬指導の事業認可を受けたと発表した。服薬指導はこれまで、薬剤師と患者が直接対面しての実施が法律で義務づけられてきた。しかし高齢者など来店が困難な患者の負担軽減を期待し、6月から国家戦略特区に指定された愛知県と福岡市、兵庫県養父市の一部地域でのみ解禁された。

各地域で認可を受けた薬局がオンライン服薬指導を始められる。すでにアインHDが7月に愛知県内で導入し、総合メディカルも福岡市内の4店で対応した。保険適用も承認され、最大3割の自己負担で利用できるようになった。だが居住地と薬局に一定の距離があることなど規定も多く、対象はまだごく一部に限られそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報