/

決まらぬ後継者、迫る大廃業時代 全4回まとめ読み

(更新)

全国に約380万社あり、日本経済を支える中小・零細企業。経営者の平均的な引退年齢は70歳だが、245万人がすでに70歳を超え、その半数は後継者が決まっていない。このままだと後継者難を理由とした廃業が続出しかねない。


問題は黒字経営の企業も続々と消えていきかねないことだ。経済産業省は、現状を放置すれば2025年までに約22兆円の国内総生産(GDP)が失われると懸念する。日本経済新聞では8月20日~23日に「迫る大廃業時代」を全4回で連載。事業の承継に悩み、苦しむ企業をルポし、その実像に迫った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン