/

新幹線アニメでにぎわい 新館オープンの鉄道博物館

7月に新館がオープンした鉄道博物館(さいたま市大宮区)が、新幹線がロボットに変形する人気アニメの影響もあり、夏休み中の子どもらでにぎわっている。

アニメは北海道・東北新幹線「はやぶさ」がメインキャラクターの「新幹線変形ロボ シンカリオン」。主人公らが活動する「新幹線超進化研究所」は、鉄道博物館の地下にあるという設定だ。

はやぶさに使われているE5系新幹線の模型がある新館1階は、記念写真を撮る大勢の親子連れで盛況。同博物館によると、来場者数は前年の1.5倍程度といい、営業部の長島陽介さん(36)は「夏休みは『はやぶさ』を見に来て」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン