/

この記事は会員限定です

神奈川の自治体、保育士確保策に力 復職者に助成金

[有料会員限定]

神奈川県内の自治体が保育士の確保に力を入れている。横浜市は学生向けの保育所見学会の開催回数を2倍に増やす。厚木市は資格はあるが働いていない「潜在保育士」を掘り起こすため、復職した保育士に10万円を補助する制度を始めた。県内では保育士が足りずに定員を抑制せざるを得ない保育所もある。志望者数の底上げや待遇の改善を急ぐ。

横浜市は7月から保育士養成学校の学生などを対象に、市内の保育所の見学会を始めた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません